AkashAダイスケのMY"鋼鉄"LIFE

バンドの事や楽器機材、プライベートや好きな事を赤裸々に綴るブログ

アメリカンな雰囲気好きにはたまらないバイカーズバー|SHOVEL HEAD|船橋

AkashA(アカーシャ)ダイスケです🤘

 

今日は久々に僕がオススメするお店を紹介したいと思います。

いつもは千葉中央のお店ですが、今回は船橋のお店。

 

 

 これまで紹介したオススメの店の記事はこちら

www.daisuke-akasha.com

www.daisuke-akasha.com

 

千葉県船橋市は東京から約20km圏内に位置する場所で、港や中山競馬場などがある為、昔からとても栄えている街。近年は昔から存在している市民のお腹を満たす美味しいお店に加え新興のお店が数多くオープンした事で更に有名になり、グルメの街とも称されるようになりました。そんな船橋に僕が大好きなお店があります。

 

お店紹介


 

f:id:AkashADaisuke:20200115091441j:plain

BIKER's SALOON SHOVEL HEADショベルヘッド

千葉県船橋市本町2-23

営業時間 16:30〜2:00

tabelog.com

 

twitter.com

www.facebook.com

 

こちらのお店、以前の記事の中でちょろっと紹介しています。

www.daisuke-akasha.com

www.daisuke-akasha.com

 

オーナー


 

僕の小学生以来の親友であるshigeくんが親子で経営されているバイカーズバーです。

f:id:AkashADaisuke:20200115091430j:plain

親友のshigeくん。見た目めちゃゴツいですが、とても爽やかだよ!(笑)

 

店内は思いっきりアメリカン。拘りに拘った装飾含めて完全にここだけ船橋というか、日本じゃなくてアメリカ!?って思うくらい。

 

元々学生時代からバイクが大好きだったshigeくんはその後アメリカに渡米し、ハーレーの専門学校に入り、卒業後カスタムビルダーとして活動するという夢を持っていたんですが、不慮の事故に遭い夢を諦めることを余儀なくされました。

 

帰国してから、船橋の地に父親であるマスターとこのSHOVEL HEADを2012年にオープンさせまして現在に至ります。

 

どんなお店?


 

お店を外から見ると、なんだか入りづらいって思う人もいると思うので、

まずはshigeくんが作ったSHOVEL HEADってどんなお店なのかわかるフライヤーを貼っておきます。

 

f:id:AkashADaisuke:20191201210522j:plain

 

こんなお店です。(笑)SHOVEL HEADのTwitterにも

 

あの《なかなか入りづらい》で噂の

隠れてるつもりはないのに隠れ家的な

 

って書いてある。(笑)でも、1人でも楽しめるし、人数多くてもワイワイ楽しめる。良い雰囲気のお店だから、お店が気になってた人はこの記事を読んで気軽に遊びに行ってもらえると嬉しい。

 

店内にはバイク系のパーツやらグッズやらも所狭しと並んでいます。ちなみにドアのノブがバイクのハンドルになってたりと店主の拘りが至るところに垣間見る事ができます。"バイカーズバー"と謳っているだけあって、バイカー(特にハーレー乗り)にとってはとてもテンションが上がるお店。

 

店内のアメリカンな雰囲気もさることながら、生ハイネケン・豊富な酒に加えて美味しい料理の数々が楽しめるお店。

 

f:id:AkashADaisuke:20200115091421j:plain

とても長いカウンター。自作のLEDが膨大な量のリカーを照らしています。

※ちなみに、店内は撮影禁止です。

 

テーブルチャージ無しの超優良コスパ店

このSHOVEL HEADはバイカーズバーでありながら、

テーブルチャージが発生しないというコスパ抜群のお店。一杯引っかけても¥1,000は行かないっていうんだから驚きです。地元にあったら間違いなく週4でお邪魔してる。

大抵のバーはテーブルチャージが発生するんだけど、前に「なんでテーブルチャージ取らないのか」聞いた事があってその時返ってきた答えが

 

「計算するのがめんどくさい」

「1杯でも気軽に立ち寄ってもらいたいから」

 

なんだって。もう考えがめっちゃアメリカン。爆

個人的にはバーというよりもダイナーと思ってる。豊富なお酒もそうなんだけども、料理も抜群に美味しいんだよね。

 

生ハイネケンが楽しめる

f:id:AkashADaisuke:20200115091446j:plain

 

SHOVEL HEADは珍しくのバドワイザーが呑めるお店だったんだけど、

バドワイザーが国内製造終了することになって、

www.mag2.com

今は生ビールの銘柄がハイネケンに入れ替わってます。

 

f:id:AkashADaisuke:20200115104908j:plain

 

家でコロナを愛飲しているビール好きの僕としては本当にたまりません。

アメリカンビールってコクとかそーゆうものはないけど、何故か好きなんだよなー。ビールって感じで。ハイネケンって瓶で出される事が多いから、こうしてジョッキに注がれたハイネケンというのもなんだかテンション上がるよね。

 

びっくりサイズのジョッキ

ビール以外のお酒を頼むと、SHOVEL HEADのジョッキサイズに絶対びっくりすると思います。何故ならショット以外のお酒は全部この超特大ジョッキで提供されるから。

f:id:AkashADaisuke:20200115104859j:plain

デカすぎ!

 ここにはモンスターエナジーとウォッカを混ぜた"ビースト"なるお酒がありますが、こいつがやばい。めちゃくちゃ呑みやすいんですが、気づいたら千鳥足に・・・

そんなビーストも超特大ジョッキで提供されます。死ねますねはい。(笑)

 

しかもなんだかウォッカを呑んでいるのに元気になってくるという禁断の魔酒です。

ネタで呑んでみるのもいいと思うけど、めちゃくちゃ美味しいから。僕はお店にお邪魔する度にビーストを頼んでます。毎度千鳥足です・・・

 

ちなみに、ソフトドリンクもこのジョッキで提供されます。まさにデカさもアメリカン。

f:id:AkashADaisuke:20200115105052j:plain

自慢☆毛のDrヨシさん。カルーアミルクがこのジョッキで出てくるって・・・(笑)

 

 

料理


 

名物料理バッファローチキンウィング

SHOVEL HEADきたら食べなければいけない・食べるべき名物料理があります。

それがこちらの"バッファローチキンウィング"

 

f:id:AkashADaisuke:20200115094301j:plain

www.buffalowings.co.jp

NY州バッファロー市で産声をあげたこのバッファローウィングソース。

全米で大人気のウィル社のバッファローウィングソースを使った"本物"のバッファローチキンウィングが食べられるお店は、千葉でもわずか12店舗しかありません。

 

SHOVEL HEADには辛口・普通・甘口の3種類を選ぶことが出来ます。

どれも美味しいけど、初めてバッファローチキンウィングを食べるときは"普通"をチョイスするのがオススメ。カイエンペッパーと酢を効かせた辛味と酸味がなんとも言えず、お酒がグイグイ進みます。

f:id:AkashADaisuke:20200115103450j:plain

本数も選べるようになってます。

本数が選べるから、辛口・普通・甘口と3種類ずつ一度に入れてもらうこともできますが、多分shigeくんとマスターに「めんどくせーなー!」って言われると思います。爆

 

僕は辛いものが好きなので辛口を頼むけど、かなりスパイシーです。辛党の人は辛口をチョイスするのがいいかも。ちなみに甘口はBBQソースベースなのでこれまた味わいが変わります。

 

パーティープラン

SHOVEL HEADにはパーティープランが2種類あります。

 

ノーマルプラン

料理6品+バーボン・カクテル・サワーが120分飲み放題で¥4,000

 

プレミアムプラン

ノーマルプランに加えて生ビール&ジャックダニエルが飲み放題で¥5,000

 

バンドの打ち上げの時に僕も利用しているんですが、とにかく値段は安いのに酒は飲み放題だし、美味しい料理がお腹一杯になるほど出てきます。

 

f:id:AkashADaisuke:20191201210518j:plain

 

5人からと書いてるけど、相談によってそれ以下の人数でも対応してくれるみたい。

気軽に問い合わせてみては?ちなみに僕の場合はビール好きなのでプレミアムプランをお願いしています。生ビール飲み放題ってびっくりだよね。採算合ってるの?と毎回心配してしまいます。

 

そんなパーティーコースの料理達を少々。

f:id:AkashADaisuke:20200115094306j:plain
f:id:AkashADaisuke:20200115094254j:plain
f:id:AkashADaisuke:20200115094311j:plain
f:id:AkashADaisuke:20200115103455j:plain


パーティー料理はその日のマスターとshigeくんの気まぐれなので、これまで一度も同じ料理が出たことはない。

例えばバッファローチキンウィングを料理プランに入れてもらいたい場合は、事前にその旨を伝えれば対応してくれる。

SHOVEL HEADに来てバッファローチキンウィングを食べないなんて勿体ないから、個人的には事前に連絡をしたほうが良い思う。

 

 

必然と偶然


 

実はこのSHOVEL HEAD、僕の誕生日の前日がオープンした日。

2012年のオープン以来、僕は誕生日の前日の夜にバンドメンバーとその他の友人とお店にお邪魔し、オープン周年を祝って0時に自分の誕生日をSHOVEL HEADで迎えるという過ごし方をしています。

f:id:AkashADaisuke:20200115091435j:plain

毎年バンドからお祝いの生花を出させてもらっています。

バンドメンバーとお酒を呑み交わす事が中々無いAkashAですが、この日だけは全員集まってお酒を呑める貴重な日でもある。

f:id:AkashADaisuke:20200115091426j:plain

 

もう一つのエピソードを。

AkashAが結成して初めて作った「After the rain」という楽曲があるんだけど、これはアメリカで事故に遭い、夢を諦めることとなったshigeくんへ贈った曲。

誰かの事を想って曲を作るのはこれが最初で最後かもしれない。

 

それだけ自分にとっては大切な友人で、1年に1度のこの日だけはそんなお互いが元気にやってるかどうかを確認する時間でもあるかなと。

 

それ以外にも僕がもう一つやっている毘沙門天のライブの打ち上げでも使ったり、プライベートでお邪魔したりするけども、

f:id:AkashADaisuke:20200115094337j:plain

毘沙門天9年ぶりの復活ライブ後の打ち上げ兼忘年会。


毎年お互いの節目の時にこうしてお互い元気に会える時間というのはある意味ルーティーンとなっている。

多分これからも毎年5月11日〜12日はそうやって過ごすと思う。

 

小学校からの親友だからかれこれ28年来の付き合い。僕はバンドマンとしての道を歩み、shigeくんはアメフトの世界からアメリカンバイクビルダーの世界へ。

AkashAを結成する前の毘沙門天の時から僕のバンドマンとしての活動を応援してくれて、今もずっと応援をしてくれている。

 

僕も彼の活動や人生をずっと応援している。新たな道としてこのバイカーズバーSHOVEL HEADをオープンした今もこれからも。

 

お互い行く道は違うし、場所は少し離れているけども心はつながっている。

 

船橋という場所にあるから、中々僕も頻繁に訪れることは出来ていないけど、節目の時や大切な時間を過ごす時にこの場所に訪れるようにしているお店です。

 

ホットになりたい時、ホッとしたいときに


 

千葉のバンドマンにはこのお店良いよ。って良く話をするんだけど、1/8僕達AkashAの主催イベントに出演してくれたFANTOMのBa.Zakkyが早速お店にお邪魔してくれたみたい。

Zakky、近場に住んでるそうで僕的には羨ましいなと。だっていつでも気軽にSHOVEL HEADに遊びに行けるじゃんか・・・いいなぁ。。

 

いやはや気に入ってくれたみたいで何より。良いお店だったでしょ?

 

店内は基本ラップやらロックやらBGMで流れていますが、僕が遊びに行くといきなりBGMがヘヴィ系メタル系に変わります(笑)多分他のバンドマンも行ったらBGMがメタルに変わると思う。

 

ちなみに、shigeくんは昔DJをやっていたので店内にDJブースがあって時間がある時だけだけど、リクエストに応えて色んなミュージックを流してくれるのはバンドマンにとっても嬉しいよね。ただ僕がお邪魔すると僕達AkashAの曲を爆音で流してくれるのはちょっと恥ずかしい・・・(汗)

 

そんなこんなでノリが完全に日本離れしているお店ですが、、(笑)

ちょっとぷらっと1杯呑みたいな。って時や、今日はとことんアメリカンな雰囲気の中で楽しむぞー!そんな時にSHOVEL HEADオススメです。

 

今日は船橋のバイカーズバーBIKER's SALOON SHOVEL HEADについて紹介をさせていただきました。アメリカンな場所を探している人や、普段とは違う雰囲気でお酒を楽しみたいって人、今日の夜SHOVEL HEADはいかが?

 

 

AkashA are...

Gt&Vo Daisuke / Ba&Vo Hige / Dr Toshiya

【Twitter】

twitter.com

 

【YouTube】

 

www.youtube.com

 

【Official Shop】

akashamerch.base.shop

地元の名店「家康本陣」に新年初めて行ってきた|グルメ |八街

AkashA(アカーシャ)ダイスケです🤘

 

1.8新宿Wild Side Tokyoにて開催した僕達の主催イベントの翌日、

www.daisuke-akasha.com

 

地元にある名店「家康本陣」で地元の先輩達としっぽりと呑んできました。

 

f:id:AkashADaisuke:20200111084542j:plain

 

こちらのお店、僕のブログでも何度か紹介してるんだけども、最高に美味しい料理を提供してくれます。

 

www.daisuke-akasha.com

www.daisuke-akasha.com

30年以上続く名店というだけあって、市外のお客さんも多いのが特徴。

僕の地元って本当に辺鄙で何もないんだけど、そんな地元にこんな美味しい料理を出してくれる名店があるという事をもっと知ってもらいたいなと思ってます。

 

という事で、2020年家康本陣初めでいただいた料理を紹介したいと思います。 

 

 

 

店舗情報


家康本陣

千葉県八街市八街に121-77

043-443-2406

営業時間:18時〜

定休日:日曜

tabelog.com

 

駅から少し歩いた 住宅街の中にポツンと佇む赤い提灯の明かりが目印。

駐車場もあるので、車でお越しの方も安心です※飲酒運転は絶対ダメ!

 

新年初訪問という事で、マスターとママにご挨拶。いつもと変わらない気さくな雰囲気が大好きです。

f:id:AkashADaisuke:20200111084512j:plain

見てこの雰囲気。最高でしょ。

カウンターの食材を眺めて、焼き物見繕ってもらいました。

f:id:AkashADaisuke:20200111084517j:plain

見てるだけで楽しいカウンターの陳列された食材達。

いただいた料理

串物

この日いただいたのは家康本陣名物の銘柄和牛のリブ串と白モツ。

f:id:AkashADaisuke:20200111084522j:plain
f:id:AkashADaisuke:20200111084552j:plain

 

リブ串は絶対頼むべき1品です。

本当に美味しい。炭火でじっくり焼いた牛リブとナスは余計な味付けはせず塩のみ。この日のリブはいつも以上に脂のノリがとても良かった。

 

白モツはお店自慢のタレをたっぷりつけて。これがね本当に酒に合うんだよ。

炭火で焼いた白モツは外はカリッと中はフワトロ。この食感のコントラストがたまりません。

 

写真撮るの忘れちゃったけど、豚バラとナンコツの串焼きもいただきました。

このお店に来るとまずは串物から頼むのはもはや定番かな。

 

 

刺身

続いてオーダーしたのは刺身盛り。「本日のオススメ」が書かれたホワイトボードに、その日仕入れた鮮魚の刺身があるのですが、僕は毎度ながら単品でお願いしないで刺身盛りにしてもらいます。その方が色々なネタをいただくことが出来るから。

この日の刺身盛りも抜群に美味しかった。

f:id:AkashADaisuke:20200111084557j:plain

溢れんばかりの海の幸。

マスターは仕入れに相当拘ってて、その都度美味しい旬のネタを入れてるんだけど、この日ビックリするほど美味しかったネタがありました。

 

"助ます〆造り"

あまりの美味しさに単品でおかわりしました。

f:id:AkashADaisuke:20200111084608j:plain

脂のノリといい、口に入れた時のトロみといい、驚くほど美味しかった。もうかれこれ何十年とこのお店に通ってますが、初めて食べたネタでした。

この助ますは気仙沼地方で獲れる魚で、よくよく調べて見るとキングサーモンなんだね。そりゃ美味いわけだ。厚く切られた身なのに口に入れると溶けてしまう。最高に美味かったなー。

あと、京都さばも美味しかった。〆方が上手いんだよね。

 

お邪魔する度に驚きがあるって凄いよね。さすが家康本陣。

 

箸休め

ここからいただくお酒を日本酒に切り替えたので一度箸休め。注文したのは"からすみ"

f:id:AkashADaisuke:20200111084603j:plain

 

昔はそれこそからすみなんて好んで食べることってなかったけど、やっぱり年を重ねると嗜好って変わってくるもんなんですね。今日のからすみも美味しかったです。

 

煮込み

続いて注文したのは白モツの煮込み。

f:id:AkashADaisuke:20200111084528j:plain

白味噌ベースは関東では非常に珍しいですね。白味噌を入れるのは京都ならではなのですが、マスターが若い頃修行先として研鑽をしていたのが京都・九州・関西地方だったことから、家康本陣ではモツの煮込みに白味噌を使っています。

 

濃厚な白味噌ならではの"甘み"がなんとも言えず、白モツの脂の旨味を更に引き立てています。串物の白モツとは違って、焼いてないモツのトロみもなんとも言えません。

 

締め

今回締めに頼んだのはなめこの雑炊。寒い時期になるとここの雑炊がえらく食べたくなる。

f:id:AkashADaisuke:20200111084536j:plain

日本は"ダシ文化"ですが、やはりダシでその料理の味が全て決まると言っても過言ではないと思う。優しい味わいの雑炊が最後の最後に身に染みました。

寒い時期に最高。美味しかった。

  


 2020年家康本陣初めでしたが、年明け早々から美味しい料理の数々をいただけてこの上なく満足。

 

僕達AkashAは、ライブ会場まで基本的に車を利用しているので、お酒を飲むことがないバンドとして有名なんだけども、当然打ち上げも参加はしないし、ライブ後もお酒を飲むことがないので、メンバーそれぞれ大体ライブ後に翌日あたり個々に打ちあがっている事が多い。

 

この日は、新年早々に主催イベントを無事盛況に終える事が出来たので、パーっとやりたいなと思ってた矢先に、地元の先輩達から新年会兼ねて家康本陣行こうよ。とジャストタイミングで声をかけてもらったのでいつも以上にお酒が進んでしまいました。

 

お店に行く時は予約をオススメします。

混んでる時はめちゃくちゃ混んでるので、入れないとテンションめっちゃ下がるからね。

 

僕の地元は本当に田舎なので、なかなか都内からとかアクセスは容易じゃないと思うのですが、バンドマン界隈で遊びに来てくれるなら絶対連れて行きたいお店。

 

大満足な1日でした。やっぱり美味しいものをいただく・いただけるというのはこの上ない幸せ。

 

次はいつ行こうかな?

千葉会忘年会|純中国料理九龍&九州料理専門店

AkashA(アカーシャ)ダイスケです🤘

 

昨日は千葉会レギュラーメンバーであるDastarsのVo.92とMONQのBa.諒ちゃんと3人で忘年会と称して千葉の美味しい料理屋さんを堪能してきました。

 

 

千葉会って?

千葉会は、今年の6月に初めて開催することとなった

「ダイスケさんと行く千葉美味いもの巡り」

という、単純に千葉の美味しいお店をバンド仲間とハシゴして堪能するというプライベート企画があるんだけども、その企画に最初から参加してくれてるメンツで結成した会。

 

www.daisuke-akasha.com

www.daisuke-akasha.com

www.daisuke-akasha.com

千葉会メンバー

(AkashA) / 92(Dastars) / 諒ちゃん(MONQ) / Gogo(exDastars) / とっしー(AkashA)

 

千葉の美味しい料理屋さん達の魅力に取り憑かれた野郎共です。

とっしー以外はバンド活動を通じて知り合った可愛い後輩達。

良かったら上のリンクからTwitterフォローしてね!

 

今回、千葉会発足するきっかけを作ってくれた92と11月の段階で2人でこじんまりと忘年会でもやろうかと企画してたところ、その忘年会の話を聞いた諒ちゃんも急遽参戦することになりまして、3人で忘年会をやることにしました。

諒ちゃんのフットワークの軽さは本当に異常です。(笑)

 

という事で、これまでの千葉会で今まで連れて行ったことのないお店をチョイスしまして堪能してもらいました。

1軒目|中華料理

 

純中国料理 九龍きゅうりゅう

千葉県千葉市中央区栄町37-3

043-224-5864

tabelog.com

 

僕が大好きなカラッシオピザ家さんの近くにある中華料理屋さんへ。

創業50年近い老舗の中華料理屋さん。このお店はよく深夜の〆で先輩達に連れてってもらった思い出のお店。ラーメン・チャーハンなどの定番料理も安定の美味さなのですが、おつまみ系一品料理のクオリティも非常に高いお店。まずは、餃子と水餃子を頼んで乾杯。

 

水餃子 / 餃子

f:id:AkashADaisuke:20191228093654j:plain
f:id:AkashADaisuke:20191228093705j:plain
どちらもモッチモチで具がたっぷり。

ここの餃子はかなり大ブリでモッチモチ。どちらも九龍にお邪魔した時には必ず注文するマスト料理。

f:id:AkashADaisuke:20191228093659j:plain

餃子の群。水餃子は1人前600円でこのボリューム。

美味しい餃子を食べながら、今年を振り返ってみて千葉会がとても楽しい企画だったなってことと、なんで千葉にはこんなに美味しいお店があるんだ?みたいな話をしつつ、それぞれのバンドの今後の活動とかについて話をしてるところに美味しい料理達がやってきました。

 

ザーサイ / メンマ

f:id:AkashADaisuke:20191228093721j:plain
f:id:AkashADaisuke:20191228093726j:plain
定番のおつまみ。シャキシャキザーサイと柔らかメンマ。

おつまみの定番ですね。九龍のザーサイは一枚がとても大きいので意外と食べ応えがあります。メンマも1本1本が太く、相当に煮込まれている。デフォルトのラーメンに添えられている具材ですが、僕はメンマが好きなのでラーメンを頼む時にメンマも別で注文することが多いです。

 

ピータン豆腐 / ネギチャーシュー

f:id:AkashADaisuke:20191228093710j:plain
f:id:AkashADaisuke:20191228093716j:plain
思わずビールが進んでしまう・・・

92がピータンを注文したのですが、急遽ピータン豆腐に変更してもらいました。何故かというと、僕が食べるのはこのピータン豆腐だから。(笑)九龍のピータンは本当に濃厚。このタレが豆腐と相性が抜群に良い。

 

ネギチャーシューは、辛味ネギに細切りにされたチャーシューが混ざっているものなのですが、結構辛いんですよこれ。ビールにぴったり。

 

この日九龍で最後にオーダーしたのがこちら。

 

腸詰

f:id:AkashADaisuke:20191228093732j:plain

カリッカリに揚げられています。

聴き慣れないメニューだと思いますが、これは中華風ソーセージの揚げ物。多分九龍独特のメニューかもしれない。他の中華料理屋さんでは見たことがありません。

添えられている豆板醤とネギと一緒に食べると結構スパイシー。

 

ちょこっとだけ食べるつもりが、結構頼んじゃった、、(笑)

 

九龍さんにお邪魔するのは確か3月以来。ここは何食べても美味しいんだけど、個人的に鶏そばが好き。とてもあっさりしているので、飲んだ後の〆にぴったりです。

f:id:AkashADaisuke:20191228093738j:plain

というわけで、純中国料理九龍さんで短い時間でしたが美味しい料理を堪能し、この後向かったのが本日のハイライト。

 


 

2軒目|九州料理

 

絶対人に教えたくないお店ということで、以前記事にした僕が大大大好きな

九州専門料理店へ連れて行きました。

www.daisuke-akasha.com

 

店名:非公開

住所:非公開

電話:非公開

 

いつもならオススメするお店を細かく紹介していますが、ここのお店に関しては申し訳ないですが情報非公開とさせていただきます。理由は単純です。本当に美味しいお店だから。これまで紹介してきた行きつけのお店も僕の大好きなお店なのですが、ここだけはちょっとあまり教えたくないというか、安易に紹介したくないのです。

じゃあブログに書くなよ!って意見はなしで!(笑)

非公開とは言っても調べたら絶対検索でヒットするけど、あえて伏せておきます。 自力でお店に辿り着けたら是非ともこのお店の絶品料理の数々を食べていただきたい。九州がますます好きになります。

 

予約必須の超人気店、千葉で抜群に美味しい"本場"の九州料理が食べられる、

僕史上NO.1の九州料理専門店です。今年の頭にようやく念願かなってお邪魔することが出来たのですが、あまりの料理の美味しさに感動すら覚えたお店。

 

せっかくの忘年会、千葉会のメンバーにもここの最高の九州料理を食べてもらいたいと思いたち、AkashAメンバーも一度も連れてきたことないこちらのお店に1週間前に予約をして伺うことにしました。

 

 

こちらのお店は繁華街から結構離れた場所にあるのですが、連日大盛況で狭い店内の中は常に満席。

 

お酒の銘柄もとても豊富で、全国から取り寄せられた日本酒・焼酎各種が常に大量にあります。九州でしか手に入らないお酒もたくさんありまして、それが千葉で呑めるなんて本当に凄い。その時々によってもいただける銘柄が入れ替わるので、酒好きにはたまらないお店でもある。

 

酒の種類も豊富なのですが、特筆すべきはやはりそのコスパ抜群で最高に美味しい料理。九州料理といえば、もつ鍋など博多の料理がメインのお店が多い中、こちらのお店は郷土料理をはじめ、五島列島の漁港直送の新鮮な海鮮物など、"本物"の九州料理が味わえます。正に千葉にいながら九州料理を食べ尽くすことが出来る。

 

酒も料理も店主の拘りが本当に凄まじい最高なお店でいただいた料理達はこちら。

 

一文字ぐるぐる

f:id:AkashADaisuke:20191228104927j:plain

熊本の郷土料理。ここに来たら必ず頼む一品。

一文字ぐるぐる。いや、これ別にふざけた名前じゃなくて熊本の郷土料理。

さっと湯引きした一文字ねぎをぐるぐるに巻いて、酢味噌につけていただきます。これがね、本当に美味しい。ずっと食べていられる。このお店に来ると必ず頼む1品。

 

明太子だし巻き玉子

f:id:AkashADaisuke:20191228104933j:plain

フワッフワの玉子焼きに生の明太子が優しく包まれています。

 

居酒屋定番のメニューにある明太子だし巻き玉子。博多の明太子がフワッフワのだし巻き玉子に包まれた1品。こちらは大根おろし醤油で。

 

自家製ポテトサラダ&大分とり天

f:id:AkashADaisuke:20191228104921j:plain
f:id:AkashADaisuke:20191228104915j:plain
外はカリッと中はジューシー。お手本のようなとり天に自家製ポテトサラダがマッチします

これも必ず頼む1品。練りからしポン酢に付けて食べる大分とり天は、外はカリカリ中はフワフワジューシー。とり天を考えた人天才だと思う。

そんなとり天に合わせるのは自家製ポテトサラダ。これが本当に美味しい。手作りのポテトサラダなのでイモがゴロゴロ、スパイシーな味付け。今回は芋けんぴが入ってました。甘いアクセントが更にポテトサラダの美味しさを助長させていました。
 

馬刺盛り合わせ

f:id:AkashADaisuke:20191228104938j:plain

左からハラミ・タテガミ・赤身

 ここのお店でいただく馬刺は別格です。

タテガミの脂の濃さもさることながら、美味しい赤身に、今回はハラミでした。赤身・タテガミは必ずついていますが、もう1種類だけはその時の仕入れによって内容が変わる最高の馬刺盛り合わせです。

とろっとした甘味のある九州醤油でいただきます。

 

冷凍ものを使用していない為、本当に美味い馬刺がここで食べられます。今回も言わずもがな最高に美味しい赤身。92も諒ちゃんも赤身以外を食べたことない為、タテガミとハラミに興味津々。

 

タテガミはお馬さんのたてがみが生えてる部分のお肉で、脂分が多い部位。食感はコリコリとしてて噛めば噛むほどに味わいが出てくる。そのくせしつこくはあっさりしているのが特徴。赤身と一緒に食べると美味いです。

 

ハラミは焼肉でもご存知の横隔膜。馬のハラミは柔らかくそれでいてとても甘みがあります。馬肉の特徴としては、どの部位も甘いんだよね。それ故九州醤油でいただくと更に甘味が増す。それは嫌な甘味じゃなくて、お互いの相乗効果で更に美味しくなるという意味で。

肉質も非常に柔らかく、個人的には牛肉のハラミよりも美味しいと思う。

 

そんな最高の馬刺し盛り合わせを堪能しているところにやってきました。

 

刺身5点盛り合わせ

f:id:AkashADaisuke:20191228104943j:plain

この厚切りのネタがたまらないっ。

今回ネタの中にキビナゴとサバを入れていただきました。

見て。この極厚のネタ。九州ならではの厚切り。五島列島直送の新鮮な鮮魚で造られた刺身盛り合わせがこのお店で食べることが出来ます。

 

この日のネタはこちら

  • 真鯛
  • ヤガラ
  • 赤イカ
  • 五島サバ(僕チョイス)
  • キビナゴ (僕チョイス)

 

新鮮じゃないと食べられないキビナゴの刺身。是非2人にも食べてもらいたいと思って盛り合わせの中に入れていただきました。

キビナゴは酢味噌で、以外は九州醤油でいただきます。

 

極厚なのに噛み切れてしまう刺身は、どれも本当に美味しい。魚が持つ本来の甘みと旨味を堪能することが出来ます。

92による刺身盛り合わせの感想はこちら。

 

ヤガラは初めていただいたのですが、このヤガラは鹿児島で獲れる魚のようです。見かけとは裏腹な上品な白身がとても美味しい。高級魚と言われる所以がわかる。

 

 

 

 


千葉で"本物"の九州料理が食べられるこちらのお店は、何を食べても本当に美味しくて、元々九州料理が大好きな僕にとっては最高のお店。九州出身の方達も常連さんに多いのも頷ける。92も諒ちゃんもめちゃくちゃ満足してくれた。

 

「ダイスケさん、ここのお店はまじで内緒にしておきましょうね!」って。

 

いや、本当にまじで誰にも教えないでよ?(笑)とっておきの場所なんだから。お店の雰囲気も好きなんだよね。決して綺麗とは言えない狭い店内なんだけど、そーゆう雰囲気も大好き。今年の最後に連れてこられて良かった。僕自身のこのお店の料理を食べられて大満足でした。

 

 

楽しい一年

今年は千葉会は発足したおかげで、これまであまり他のバンドマンとプライベートで会う機会が少なかった僕にとっては180度世界が変わったような感覚でした。

 

僕の大好きな千葉の美味しいお店の魅力も皆に伝えることが出来たし、何よりそれを楽しみにしてくれてる人達がいるのは嬉しいよね。

 

バンドとしての活動の中で会うのと、プライベートで会うのはこれまた違った趣があります。美味しい料理を食べながら、皆と色々な会話をすることで、自分にも驚きの発見があったり、違う角度から物を見ることが出来る様になったり。

 

おかげで楽しい時間を今年はたくさん過ごすことが出来ました。

 

来年は3月に「千葉美味いもの巡りvol.3」を開催することになっているんですが、どこのお店に行こうかなーと今から考えてみたり。

 

また来年も楽しい時間を過ごそう。

f:id:AkashADaisuke:20191228104949j:plain

千葉会レギュラーメンバーの92と諒ちゃん

【2019年版】僕がオススメする千葉の美味しい店まとめ

AkashA(アカーシャ)ダイスケです🤘

 

はてなブログに移行したのが今月初め。それまで10年近くアメブロでブログを書いてきました。

 

当然はてなブログへ移行するにあたり、これまでアメブロで書いてきた記事もお引っ越しをしてきました。

 

僕のブログは主にバンド活動としての側面が非常に強いですが、料理屋さんの紹介をする記事を結構書いてます。食べ物に目がありません。やはり美味しいものを食べるということが生きることへの活力になるから。

 

そんな僕がオススメするお店の多くは千葉。何故なら僕が千葉県出身で今も千葉県に在住しているから。要するに千葉LOVEなのです。

 

都内に行けばそれなりのお金を払って美味しいものを食べることが出来ますが、都内に行かなくても千葉にも美味しいお店はあるよ。という事で、基本的に僕がよくお邪魔するお店から、人伝に聞いて初めて行ったお店などなどを度々記事に起こしてきました。

 

2019年もまもなく終わり。という事で、僕が大好きなお店の料理や魅力をたくさんの人に知ってもらいたいなという事で、これまで書いてきたお店の記事をまとめてみようと思います。

 

 

 

千葉市中央区付近

カラッシオピザ家

千葉県千葉市中央区栄町31ー8

043-224-1916

f:id:AkashADaisuke:20191201214021j:plain

tabelog.com

 

ピザといえばここ。かれこれ7年近くお邪魔している千葉にある老舗イタリアンレストラン。これまで僕のブログでは何度もお店の事を書いているくらい大好きです。

種類豊富な薄生地タイプの絶品ピザはじめ、美味しいアラカルトがたくさん。

営業時間が深夜まで、また近隣までデリバリーをしてくれるのもありがたい。 

 

www.daisuke-akasha.com

www.daisuke-akasha.com

www.daisuke-akasha.com

 

 


炭・串焼き壱

千葉県千葉市中央区中央2-8-14

043-224-5651 

f:id:AkashADaisuke:20191201205727j:plain

tabelog.com

備長炭で1串1串丁寧にじっくり焼き上げられた焼鳥と、新鮮な刺身や絶品料理が食べられるお店。

初めて訪問した時、「今日はネタが少ないんでお詫びにこれを食べてください」といきなりマグロの中落ちの刺身を出された時にはびっくりしたっけ。店主はとても強面ですが、非常にフレンドリーで尚且つ料理に対する真摯な姿勢がカウンターから垣間見ることが出来ます。近辺で食べる焼鳥ならここが一番じゃないかな。

 

www.daisuke-akasha.com

 

 


福寿し千葉中央店

千葉県千葉市中央区本千葉町4-10サンライズビル1F

043-202-7552

f:id:AkashADaisuke:20191201212219j:plain

tabelog.com

僕がとても気に入っているお寿司屋さん。千葉会vol.2の時にも皆を連れていきましたが、ここのお寿司、回らないお寿司なのにこんな値段でいいの?というくらいリーズナブルで新鮮で本当に美味しい。朝5時*1までやっているというのもありがたい。そして板さんが皆フレンドリー。カウンターで食べるのがオススメ。

そして、1貫100円のイワシの握りがあるのですが、めちゃくちゃ美味しいです。是非食べて欲しい。

 

www.daisuke-akasha.com

www.daisuke-akasha.com

 

 


羊BEEE恵比寿ジンギスカン海月千葉店

千葉県千葉市中央区中央3-15-15 KT第2ビル2F

043-306-2008

f:id:AkashADaisuke:20191201212810j:plain

tabelog.com

とても美味しいアイスランド産ラムが食べられるお店。食べ放題の値段も非常に安いのですが、特筆すべきはやはりアイスランド産ラムの旨さ。オーナーが木村○哉と親交があるそうで、店内には一緒に撮った写真が飾ってあります。本人もたまに来るのかな・・・

未だ未食の"ラムギョプサル"が気になって仕方がない。次回訪問の時には絶対食べようと思う。

www.daisuke-akasha.com

 

 

 


八街市

家康本陣

千葉県八街市八街に121-77

043-443-2406

f:id:AkashADaisuke:20191201210311j:plain

tabelog.com

最高の名店。E○ILEが来たことで常連さんの間で一時話題になりました。地元の人は焼鳥屋さんと思っている人が多いのですが、何を食べても最高の料理を提供してくれます。辺鄙な田舎町ですが、是非とも一度足を運んでいただきたい。

 

www.daisuke-akasha.com

www.daisuke-akasha.com

 


 

 


これまでブログで紹介してきた中でも厳選したオススメのお店をまとめてみました。

他にも紹介したいお店が山ほどありますが、それはまたの機会に。

 

どのお店も僕が直接足を運んで気に入った大好きなお店です。料理は当然人によって好みがありますが、どのお店も自信を持ってオススメできるお店です。

 

どこかのお店でひょっとしたら僕と遭遇するかも。だって、食べログユーザーとかと違って僕の場合は行きつけとしてるお店を紹介しているんだもの。

 

どう?千葉最高でしょ?まだまだ未食なお店がたくさんあります。自分の人生いつまでなのかわからないけども、とりあえず気になっているお店は全部お邪魔したいものです。

今回紹介したお店で気になるお店はありましたか?千葉にお越しの際には是非立ち寄ってみては?

*1:ラストオーダー4時

祇園で食い倒れ「天下一品祇園店」「一口餃子専門店」|京都グルメ旅行記③

AkashA(アカーシャ)ダイスケです🤘

 

先日、プライベートで京都に行った際に頂いてきた京都グルメについて、連続で投稿してきましたが、今回が最後となる第③弾です。

 

①と②はこちら

www.daisuke-akasha.com

www.daisuke-akasha.com

 

今回はバンド関係なく京都へお邪魔したわけだけども、とにかく京都の先輩方は気風が良いというかなんというか、「せっかく京都へ来たんやから、お腹空かしたまま関東へ帰らせるなんていかへんやろ」と、小雨降る祇園を連れ回されまして、、

いや、ありがたいんだよ。ありがたいんだけどさ、さっきてっちり食べたばっかじゃん・・・って思いつつ、断るわけに行きません、、 

「ほな、ラーメン食べよかー」と連れて来られたのがこちら。

 

f:id:AkashADaisuke:20191221152132j:plain

天下一品 祇園店

京都府京都市東山区祇園町北側 清本町 ル2丁目

 

tabelog.com

 

ご存知京都発祥唯一無二のラーメン屋さん天下一品。

本当は、天下一品総本店に行きたかったんだけど、総本店がある一乗寺まで八坂神社からは電車で約30分移動にかかる。約10人前後いたので、全員移動するには移動時間が勿体ないということであえなく却下されまして、、

 

「天一なら祇園にもあるやさかい、そっちで我慢しい」

 

ということで、祇園店さんにお邪魔することになったのですが、実は4年前に京都にお邪魔した際もこの祇園店さんにお邪魔しました。その時こってりラーメンを食べたのですが、都内(というよりも関東)でたべる天一とは明らかに味が違うことにびっくりしました。スープがそもそも違うんだよね。粘度とか雑味が違う。飲み干した時のザラザラ感とかが全然無い。やっぱり水が関係しているのかな?

 

ちなみに、僕が住んでいる千葉に天一は1店舗もないので、新宿歌舞伎町もしくは水道橋、立川で時たま食べるくらいなんだけど、一番最初に天一を食べたのは確か中学の修学旅行の時で、こんなに濃厚なスープのラーメンがあるのか!?とびっくりしたのを今でも覚えています。そんな4年ぶりに訪問する天下一品祇園店さんで今回いただいのはもちろん・・・

f:id:AkashADaisuke:20191221152139j:plain

天一といえば、やっぱり「こってり」でしょ。

 

こってりチャーシューメン+葱大盛り

 

「やっぱりここの天一は葱大盛でチャーシュー入れな!」ということで、先輩の勝手なチョイス仕様に。(苦笑)ちなみにこの先輩、僕と1回り以上歳が上です。本当にいつもフルパワー元気。一体どこからそのパワーが湧いてくるんですか・・・

 

早速いただいてみると、うん。やっぱりスープの味が全然違う。濃度があるけど、口に入れた時の舌触りがとても滑らかというのが一番正しい表現だと思う。雑味も一切なし。

ちなみに、この祇園店さんのチャーシューは他の店舗と違い、独自の窯焼きチャーシューなんだそうで、やはり都内で食べ慣れている天一のそれとは全く別物。先輩が「チャーシュー入れないとな」って言った意味がわかった。

 

てっちり鍋の料理を食べてから1時間も経ってなかったけども、完飲完食してしまいました。天一はやはり京都で食べるのが一番だね。当然支店がいっぱいあるから、いつかは上位ランキングのお店と総本店は聖地巡礼として行かなきゃと思ってる。

 

総本店には他店には無い牛すじ入りがあるんだけど、聞くところによるとこの牛すじとキムチ入りこってりラーメンがどうやら美味いらしい・・・次京都に来る機会があったら絶対総本店に行くしか無いよね。


 

 

久々に食べた天下一品祇園店さんのラーメンの余韻に浸りながらお店を後にし、先輩方に挨拶をしてホテルに帰ろうとしたんですが、

 

「次、餃子食べ行かひん?」

 

え?

 

嘘だろ・・・先輩・・・

 

いやいやいやいや、てっちり食べた後に天一食べてまだ食べんの!?

 

耳を疑ったんですが、、

 

「京都に来て美味しいもん食べんと関東に戻った言われたら、こっちも悲しくなるわ」

 

と言われまして、、

いや、散々美味しいもんいただいてますけども、、そろそろ胃が破裂しそうなんですけども・・・

と心の中で何度も叫んだのですが、そこは先輩の言うことを無視するわけにいきません。。「そうですね。よろしくお願いします」と真顔で返事して(笑)次に向かったのは、

 

一口餃子専門店

泉門天 祇園本店

京都府京都市東山区清本町380−3 竹会館1F

tabelog.com

 

来ました。1987年創業の餃子専門店。その名も泉門天せんもんてん

僕が生まれた翌年に創業したわけか。

 

こちらのお店、実は4年前にとあるお店でデリバリーで頼んでもらったことがあります。いつかお店で食べたいなと思っていたので、まさかこの日に行くとは思ってもいなかったから、お腹いっぱいだったけどちょっとテンションが上がりました。

 

ちなみに、先ほどラーメンを食べた天一祇園店から道路挟んで斜め前にあるんですよ。

 

 

ここの餃子は祇園の舞妓さんのおちょぼ口にも合う一口タイプの餃子で、俗に言う大阪や博多のひとくち餃子。生ニンニクを一切使用していないのも特徴。本当に美味しいんで何個でも食べれちゃうんです。

 

そしてお店の料理メニューは

  • 餃子(10個)・・・530円(税込)
  • しそ餃子(10個)・・・530円(税込)
  • 胡瓜の浅漬け・・・290円(税込)
  • ごはん大/中/小・・・320円/220円/170円(税込)

 

なんとこれだけ。至ってシンプル。餃子を食べさせることに超特化しています。

 

と言うわけで、入店して先輩が適当にオーダーした後、3回目の乾杯。

久しぶりに京都に来てくれたってことが嬉しかったようで、その嬉しさについてずっとマシンガントークが炸裂してる最中、やってきました。

 

f:id:AkashADaisuke:20191221152149j:plain
f:id:AkashADaisuke:20191221152156j:plain
左:餃子 右:しそ餃子

うわー香ばしい香り。美味しそう・・・さっき天一のラーメンを食べたばかりなのに、、箸が止まりません。焼き立てはパリパリのカリカリで中はジューシー。具には国産牛・豚肉に、白菜とニラのみ。生ニンニクではなくガーリックパウダーを使用することでニンニクの臭いを抑えているそうです。

 

やっぱり店内で食べる焼き立ての餃子の美味さと言ったら堪りません。

 

今回初めて食べるしそ餃子は、しその香りがする分デフォの餃子よりもさっぱり食べられる。どちらも甲乙付け難い。時たま箸休めでいただく胡瓜の浅漬けがなんとも良く、これでライスを頼んだら最高のおかずになるだろうなと思ったけど、流石に白米を食べるほどの胃の許容量は無いので餃子だけをひたすらにいただきました。

 

嗚呼、美味い。

 

これだけお腹がほぼ満腹に近いのにパクパク食べれる餃子。さすが老舗の餃子専門店。

先輩方とパクパク食べて完食。もう胃の満腹ゲージは臨界点を突破・・・

 

「どや?満足できたやろ?これで関東にも帰っても文句言われへん」

 

嬉しそうに言う先輩の顔はまだ余裕の表情。

本当凄い・・・僕が先輩と同じ年齢になった時、果たして同じくらいの料理を食べられるかと言ったら多分無理だ。。

 

先輩方のおかげで京都の美味しい料理を短時間で満喫させてもらった。

まだまだ京都の事全然わかってないよ。って思われると思うけど、1泊2日にしては結構美味しいもの頂いたと思います。半ば拷問に近い感じでしたが、、(笑)

 

本当はもっと京都に長く滞在できるのであれば、それこそ仏閣巡りとか京料理を堪能したかったんだけど、お楽しみは次に取っておこうと思う。

 

4年ぶりに訪問した京都、生憎の雨模様でしたが、やっぱり僕は京都が好きだ。

また機会を見つけて行こうと思う。

 

と言うことで3回に分けて京都で食べた料理を紹介しました。

もし、京都に行くことがあったら足を運んでみては?

 

 

京都祇園の料理旅館花楽|京都グルメ旅行記②

AkashA(アカーシャ)ダイスケです🤘

 

本日は、京都旅行記②と題して、京都でいただいた料理を。

 

京都旅行記①はこちら

www.daisuke-akasha.com

 

京都に到着したその日の夜、会食場所として招かれたのがこちら。

f:id:AkashADaisuke:20191221152127j:plain

 

料理旅館 花楽

京都府京都市東山区祇園町南側499

 

www.hotpepper.jp

 

 

 こちらは、祇園にある料理旅館で、八坂神社から徒歩約3分、清水寺まで徒歩15分という立地にあります。宿泊先ではなかったんだけども、古都の風情を感じられる場所で是非食事を楽しんでもらいたいという京都の先輩のおもてなし。

 

今回いただいたのはてっちり鍋のコース。

f:id:AkashADaisuke:20191221152117j:plain

 

冬季限定メニューのようです。献立はこちら↓

  • 付き出し
  • てっさ
  • 焼きふぐ
  • ふぐ唐揚げ
  • てっちり鍋
  • 雑炊
  • 香の物
  • 果物

8品が提供されるこのてっちり鍋コースは、なんと1人8,000円

 

祇園という立地で尚且つふぐなのに、この値段は正直安いとしか言いようがない。これ都内だったら一体いくらになるんだろうと思いつつ、安いからとは言っても提供されるふぐのクオリティは非常に高かった。

 

付き出しから締めの雑炊まで、とにかく味が上品なのはやはり京都ならではなんだろうか。正味約1時間半くらいの時間の中で次々と出てくる料理は、どれも美味しかった。むしろ本当に8,000円で良いのか?というくらい満足できます。

 

f:id:AkashADaisuke:20191221152122j:plain

てっさ(ふぐ刺し)

他にも鯛しゃぶコースや、スッポン鍋コース、牛しゃぶコースなど様々なコースを提供している花楽さん、清水寺からも近いということで、宿泊先としてもここを選んでいいと思う。僕もゆっくりする時間があるならここに泊まりたかったな。

 

ちなみに1人あたりだと約12,000円前後*1で宿泊できるみたい。どうしても行く先々でホテルを選んでしまいがちなんだけど、たまにはこういう風情がある旅館も良いよね。

 

こういう場所は友人とじゃなくて、特別な人と行くのがいいと思うよ。

・・・ということは僕には似つかわしくない場所ってことだね(汗)

 

まあいずれ彼女とか出来たらね、、(笑)1人だったら流石に来ようとは思わないかもしれないけども、先輩方の粋な計らいで、このような素晴らしい料理旅館にお邪魔することが出来ました。

画像が少なくてごめん!ついつい先輩方とのトークに夢中になってしまったもので。

*1:プランにもよる

讃美両論のラーメン店「萬福」へ行ってみた|京都グルメ旅行記①

AkashA(アカーシャ)ダイスケです🤘

 

先日、プライベートで1泊2日だけど京都に行ってきました。

f:id:AkashADaisuke:20191221152106j:plain
f:id:AkashADaisuke:20191221152050j:plain
京都駅。毎度思うけどとてつもなく大きいように見えて動線がちゃんと考えられてる

京都に行くのは約4年ぶりくらいかな?京都は盆地なので夏はとても暑く、冬はとても寒いというイメージがある。12月だから寒いかなと思ったけども、案外寒くもなく僕が住んでいる千葉と同じような気温だったけど、生憎の雨。

 

京都はとても好きな場所。歴史的背景、そして独特な情緒溢れる雰囲気。京の都の持つ不思議な感じがなんとも言えない。

 

そんな京都へ4年ぶりに降り立ちまして、まずは腹ごしらえ。

これまで京都へ訪れるのは計3回目*1になるんだけど、いずれも新幹線の中での昼食を我慢して必ず向かうラーメン屋さんがあります。

 

こちらとこちら。

tabelog.com

tabelog.com

 

ラーメン好きの方はご存知、京都駅付近ラーメン屋二大巨塔

「第一旭たかばし本店」「新福菜館本店」

 

毎度どちらのお店にお邪魔しようかとても迷う。ちなみに、前回は新福菜館さんに訪れたので、今回は第一旭に行こうと思ったんだけど、

 

とんでもない長蛇の列・・・

 

遊びに来てるなら並んでも良かったけど、今回は遊びじゃなかったし、待ち合わせの時間にこれじゃ間に合わないと思い、泣く泣く断念。ちなみに新福菜館はこの日定休日でした。

 

うーん、、困ったぞと思ったんだけど、前に京都の先輩に

 

「反対側の萬福も一度行ってみるとええよ。」

 

と教えてもらったことを思い出しまして、たかばしとは真逆に位置するこちらへ行ってきました。

 

f:id:AkashADaisuke:20191221152055j:plain

中華そば萬福 京都駅前店

京都府京都市下京区油通小路塩小路下ル東油小路町552-14

 営業時間:火〜土11:00〜21:30 / 日11:00〜21:00

 


 

ネットで調べると、評価が真っ二つに分かれているんだよね。

 

低評価の主な理由が、

  • お店の至る所に貼ってあるスマホ(閲覧)禁止 / マンガ本禁止の張り紙
  • 店主と店員さんのおしゃべり

らしい。

いや、別に食事しにきてるんだから、前者に関しては郷に行っては郷に従えってことわざがあるように、そこまで気にする必要ないんじゃないかと。

それがあるからか、肝心のラーメンの評価も美味しいと不味いに分かれてる。でもさ、直接自分が行かなきゃこういうのって信じられないじゃんか。という事で、他人の評価など気にせず入店。

 

ランチタイムは既に過ぎていたんだけど、第一旭さんとは違ってお客が1人も居ない・・・まじか。これはやっちゃったかなって思ったけども、厨房を見れば隅々までピカピカにされている。無論テーブルも。そしてやはり店内の至る所には張り紙が貼ってある。

 

物々しいけど、きっとなんか嫌な思いでもされたのかなと思い、早速メニューを見て

特製しょうゆラーメンを注文。

 

待つ事5〜6分、4年ぶりの京都で食べる1杯目のラーメンがやってきました。

f:id:AkashADaisuke:20191221152100j:plain

特製醤油ラーメン(並)お値段900円

厚切りトロ肉、そしてメンマ、どっさり盛られた九条ネギ。

前評通りどこか第一旭に似てるのも頷ける。ちなみに、第一旭のラーメンはこちら。

 

早速スープを一口。

特別に美味い!というわけではないが、懐かしくもあり普遍的なスープ。不味いわけではないよ?普通に"美味しい"って事。京都のラーメンってこれだよね。っていう味。

 

続いて、

中細ストレート麺を食べてみる。ちなみに茹で加減は固めにしてもらいました。

これといって特別に美味い!ってわけじゃない。小麦の風味が〜という昨今の拘りに拘っているラーメン屋のそれとは違う。いかにも昔ながらの京都ラーメンの麺。

 

続いてチャーシュー

この特製〜はチャーシューめんと違って薄切りのチャーシューではなく、厚切りのチャーシューが提供されるわけですが、とても食べ応えのあるチャーシュー。脂身が多い分、このあっさりと仕上げられた醤油スープとマッチ。更にどっさり盛られたネギのシャキシャキ感も相まって最後まで"飽きず"に食べられた。

 

そう。ここが肝心で、最後まで美味しく食べられるかどうか。

 

スープ、麺、具が合わさって初めてラーメンは完成を見るわけで、普遍的なものであっても1杯としての完成度がどうなのか?という部分が実は一番重要ではないかと僕は思っている。

 

確かに、新進気鋭のラーメン店の多くは、スープの材料や麺の質などこれまで以上に細部にまで拘りに拘っている。故に値段もデフォで1000円を越えること普通となった。

 

中華そば萬福 京都駅前店のラーメンは、一見すればなんの変哲もない特筆すべき点もないラーメンと思われるかもしれないが、昔ながらのTHE京都ラーメンを堪能するには、第一旭たかばし本店とチョイスするのに悩んでもいいんじゃないかと僕は思った。

 

ちなみに、低評価の理由の一つである店主と店員のおしゃべりだけども、

 

確かに常にマシンガントークのように話に花が咲いてはいたよ。(笑)

軽快な京都弁が右から左、左から右へ飛び交っている中、ラーメンを啜っていると「嗚呼、京都に居るんだな」って。そーゆうお店なんだなって思ったくらいかな。

 

んまあ、人が食べてる時くらいもう少しボリューム下げて欲しかったけどね。爆

 


 

人の評価なんて気にすることはない。ネット社会になった今、この評価だけを頼りにしている人も多いと思うけど、自分で足を運んで実際に見て体感して判断をするのが賢明だと思う。

 

4年ぶりの京都でいただいた1杯、僕の個人的な感想としては、
普通に"美味しい"京都のラーメンでした。

 

昔ながらの京都ラーメンを食べたかったら、萬福さんもあり。第一旭が行列を作ってなかったら、きっとこのお店の1杯にも出会うことはなかったなって思うと、良い経験が出来たと思う。また一つ新しいお店に出会うことが出来たよ。

 

 

AbemaTV

*1:学生時代含めずに

AkashA忘年会in千葉|名物韓国料理屋おいそ

AkashA(アカーシャ)ダイスケです🤘

先日、バンドの忘年会を開催しました。もちろん場所は毎年恒例の千葉。ご存知の人も居るかと思いますが、僕らはそれぞれがきちんとした仕事に就きながらその傍でバンド活動を行っていることもあり、プライベートで中々全員揃って出かけたりすることが難しいバンド。以前ブログでも書いたけど、3人が揃ってお酒飲んだりするのは年に3回あるかないか。

そんな僕らが一年の最後に全員揃うのがこの忘年会。そして、毎年忘年会を行うのは千葉って決まってる。今年の忘年会の場所としてチョイスしたのがこちら。

f:id:AkashADaisuke:20191221084147j:plain

www.hotpepper.jp


韓国伝統美食料理「おいそ」

住所:千葉県千葉市中央区栄町40-12

営業時間:24時間(月曜10時〜火曜10時)


千葉会vol.2で行った千葉中央の韓国料理屋さん。名物のサムギョプサルのクリスタル焼きが有名な場所でもあります。

www.daisuke-akasha.com

 
Baのよっちゃんからのリクエスト。実は一度もこのお店に行ったことないよっちゃんから、千葉会で行った時のTwitterを見てたそうで、「サムギョプサルが食いたい」と。

いつもはピザが大好きなとっしーのリクエストでカラッシオピザ家さんに行くんですが、今年はよっちゃんのリクエストに応える形でこちらにしました。

 

 


 

 

3人揃ってお酒飲むのは多分とっしーの日Ⅴぶりくらいかな?

f:id:AkashADaisuke:20191221084216j:plain


この日は今後の活動についてとか、今行っているレコーディング音源についてとか結構真面目に話した気がする。こうゆう時間は本当に大切。まあでも、いつもながら真面目な話3割、他愛もない話7割だったけども。(笑)

 


今回おいそさんで頂いた料理はこちら。

f:id:AkashADaisuke:20191221084152j:plain
f:id:AkashADaisuke:20191221084158j:plain
勝手に出てくる小料理とナムルの盛り合わせ・イイダコ炒め

 

f:id:AkashADaisuke:20191221084203j:plain
f:id:AkashADaisuke:20191221084210j:plain
チーズトッポギ・ボッサム

 

f:id:AkashADaisuke:20191221084221j:plain

おいそ名物サムギョプサルクリスタル焼き

 

どれを食べても本当に美味しいね。本当は最後に鍋食べようと思ったけど、流石にお腹がいっぱいでオーダーするのやめました。

サムギョプサルを頬張るよっちゃん。嬉しそう。


美味しいもの食べながら、メンバーと過ごせる時間というのは僕にとっては本当に幸せな時間。結局この後2軒はしごしたんだけど、途中から記憶なくなった・・・やっぱりちゃんぽんは良くないね!(汗)気を許せるメンバーと呑んでたからか、この後どうなってもいいやみたいな感じになっちゃうのは僕の悪い癖。(汗)でも人に迷惑はかけてないから良しとしよう!(笑)楽しいひと時でした。

とっしーの日Ⅴ以降、台風の影響でイベントが中止になったこともあり、

www.daisuke-akasha.com

 

今年はライブはないんですが、来年は新年早々に新イベントを開催します。


2020.1.8

at新宿Wild Side Tokyo

AkashApresents.

"EXTREME AGGRESSOR#0"

f:id:AkashADaisuke:20191221095051p:plain
f:id:AkashADaisuke:20191221094939p:plain

AkashA

PORNOSTATE

牙突

MONQ

FANTOM

Dastars

 

【FOOD】

猫エクスプレス

 

OPEN17:30 / START18:00

 

【TICKET】

adv&door¥1,400+1D¥600or飲み放題¥2,000

 

 

 

早くみんなとステージで会うのが楽しみ。

2ヶ月ライブがない分この日は思いっきりぶちかまそうと思うよ。是非遊びにきてね。

 

 

AkashA are...

Gt&Vo Daisuke / Ba&Vo Hige / Dr Toshiya

  

 

【Twitter】

twitter.com

 

【YouTube】

 

www.youtube.com

 

【Official Shop】

akashamerch.base.shop

牛肉好きは食べるべし|カナダビーフ

AkashA(アカーシャ)ダイスケです🤘

 

今日はバンドとか一切関係なく、食材の話でも。

 

  • 肉食派男子
  • カナダビーフとは
    • あまり知られていない鶏肉の真実
  • 調理してみた
    • 真空にする方法
    • 低温調理機BONIQを使う
  • 1ポンドステーキを食す

 

肉食派男子

Twitterでもよくお肉食べてることをツイートしてますが、僕はお肉が大好きです。

ベジタリアンやビーガンの人からすると、全力で「STOP!!!!!」「NOぉぉぉぉぉ!!!!!」って絶叫されるくらいに肉が好き。

 

 冷凍庫には常にお肉の塊をストックしている。

 

畜産を営んでいる僕の高校時代の親友がいるおかげで、常に良質な和牛が手に入るというのもあるけども、それを差し引いてもお肉が大好き。

 

そんな自分が今年の初めに、とても便利な調理器具をGETしたことをブログでも紹介したんですが、

www.daisuke-akasha.com

 この低温調理機BONIQを手に入れてから、肉料理を更に美味しく楽しめるようになった。

 

 牛・豚・鶏に加えて、ジビエも好きなんだけど、やっぱり牛肉が一番好きかな。 和牛・US・オージー、どの銘柄も好きなんだけど、

 

最近ハマっているのがカナダビーフです。

 

 

 

カナダビーフとは

カナダで生まれた穀物で肥育された高品質の牛肉。
これがね、とにかく美味い。日本人は脂のサシがたくさん入ってて、口に入れると噛まなくても溶けちゃうお肉が美味しいって思ってる人が多いけど、僕は断然赤身派。

最近は赤身を好まれる人も多くなってきたみたいだけど。

とにかく今肉を食べてるんだ!って感じられるのが赤身の醍醐味かな。

カナダビーフは100%の肉専用種。とにかく厚切りでも噛み切れる柔らかさと、味、そしてこの品質なのに決して高くない価格が好き。こいつはやっぱりステーキで食べるのが一番美味しいから、リブロースの1ポンドステーキを定期的に購入してます。

 

あまり知られていない鶏肉の真実

カナダビーフは、カロリー・脂質が和牛に比べても非常に低く、それでいてタンパク質の含有量がとても高い。

 

よく、鶏のササミがカラダ作りやダイエットに最適と思ってる人いると思うんだけど、実はプリン体の含有量がとても高い。なので、多く摂取をすると痛風になる健康リスクが高まるのです。

その点、牛肉リブロースはプリン体含有量も低い為、カラダ作りに実は鶏肉よりとても適している。値段的な部分で考えれば毎食食べることは出来ないだろうけど。。

 

そう言った健康面の部分もあるけども、やっぱりお肉が食べたい!と思った時ってビーフじゃない?そんなどうしようもなく体が肉を欲した時、この1ポンドステーキを低温調理器「BONIQ」を使って調理し、美味しくいただいてます。

 

調理してみた

f:id:AkashADaisuke:20191201214308j:plain

この1ポンドステーキは非常に極厚。非常に食べ応えがある為、「嗚呼、俺は今肉を食べているんだ。」と幸せになることができます。(笑)

 

では早速低温調理器を使って調理していきましょう。

 

 

 

まず、常温に戻す前に半解凍状態で筋切りをし、両面に塩を多めにふりかけましてしばらく放置。半解凍なのは切りやすいから。常温でも問題はありません。

f:id:AkashADaisuke:20191201214314j:plain

オリーブオイルで臭み取りをする人もいるけど、このカナダビーフは全く臭みがないので、この工程はやってません。

しばらくするとドリップが出てくるので、キッチンペーパーで除去。両面に万遍なく塩とブラックペッパーをかけます。

ちなみに、僕が使用しているのはコストコのミルつきシーソルトとブラックペッパー。量が多すぎて全然無くなりません(笑)

f:id:AkashADaisuke:20191201214324j:plain

 

 その後、ジップロック に入れて真空状態にします。

f:id:AkashADaisuke:20191201214329j:plain

 

真空にする方法

空気を抜く方法はとても簡単。水を張ったボウルに沈めて下部から押し上げて空気を抜けばOK。水圧を利用して真空にします。キッチン台の角を使った方法もネットに書いてあるけども、水圧を利用した方法のほうが個人的に簡単に真空に出来るので僕はいつもこの方法です。

 

参考までにやり方動画貼っておきます。お試しあれ。


簡単に真空パックする裏技【便利ライフハック】

 

低温調理機BONIQを使う

そしてこいつの出番。低温調理機BONIQ

 

温度設定58℃、時間60分

 

 

boniq.jp

これはBONIQレシピ書いてあるステーキの調理時間を目安にしていますが、肉は55℃〜65℃の間で調理するのがおそらく最も美味しくなると思います。

調理時間に関しては殺菌時間を考慮してやはり1時間は待った方がいい。

f:id:AkashADaisuke:20191201214333j:plain

 

〜待つこと1時間〜

 

続きを読む

カラッシオピザ家でピザ三昧|千葉中央

AkashA(アカーシャ)ダイスケです🤘

 

昨日は僕の愛してやまない人達と、愛してやまない行きつけのお店リストランテカラッシオピザ家さんで、ピザ三昧の楽しいひと時を過ごしてきました。

 

ピザ家さんについては前に書いたエントリーを見てね。本当にここは大好きなお店!オススメです。 

www.daisuke-akasha.com

  

 今回のピザ会開催の発端は、先日、バンド仲間である自慢☆毛が、稲毛K'S DREAMでライブをやった時に遊びに行ったんだけども、

akashadaisuke.hatenablog.com

 

その直後に、ドラムのヨシさんから、「ダイちゃん、ピザ食べに連れてって」と言われたのがきっかけ。皆さん忙しい中予定を組んで下さりまして今回の"ピザ会"開催となったわけです。

 

千葉会も含めて、何気に皆千葉に遊びに来たいって言ってくれるのとても嬉しいよね。

 

今回は

自慢☆毛メンバー(Baのモジフトさんは残念ながら欠席)、ヨシさんの御令室であるスミコさん。

 

そしてそして・・・千葉会レギュラーメンバーでもある

新宿Wild Side Tokyoの妖精さんこと、MONQ諒ちゃんも18日の千葉会Extraに続き参戦。爆

18日に自慢☆毛とピザ食べに行くんだーって話したら、僕も行きますと。(笑)

 

ご存知のとおり、自慢☆毛・MONQは、AkashA主催のカオスなイベントとっしーの日レギュラーバンド。僕らAkashAにとっては大好きな2バンド。

そんな2バンドのメンバーと一緒に過ごせる時間というのはなんとも贅沢なわけです。

 

千葉に自慢☆毛メンバーがいる事がなんとも斬新でしたね。(笑)行きは少しばかし遠回りをしまして、お店に到着。

遠回りした理由は、肉丸さんが以前からずっと千葉に来たい来たいと仰ってたので、少しばかりでも千葉の雰囲気を味わってくれたら嬉しいなーという理由です。別にLOUD大運動会の時のように汗をかかせようとしたわけではありません。爆

 

お店を紹介したブログにも書いたとおり、ここのお店の入り口にある当て字看板が目印なんですよ。

 

非゜左゛家

 

と書いて「ピザ家」と読むのですが、看板を見つけた瞬間に皆「本当だ!」と写真撮ってました。

いや、だから前にもブログで書いたし写真も載せたんだけど、本当なんだって!(笑)

tabelog.com

f:id:AkashADaisuke:20191201213949j:plain

 

創業1965年という老舗です。

僕も知り合いから教わって、初めてお邪魔したのが確か2012か2013年なので、かれこれ7年近くお世話になってる大好きなお店。

ピザ専門店だからと言ってピザだけしかないわけではなく、他にもパスタや豊富なアラカルトもたくさんあります。イタリアンレストランとでも言えばいいのかな?有名なプロゴルファーさん達が絶えずやってくる事でも有名なお店です。店内所狭しとサイン色紙や試合で使用していたキャップやバイザーが置いてあります。

 

店内に入りまして、早速乾杯。

僕もお邪魔したのは今年の8月ぶり。お店も祝日だったから混んでたなー。

 

f:id:AkashADaisuke:20191201213956j:plain

メニューを見て悩むの図

 

メニューをみんなで見てる姿がちょっと面白かった。(笑)

豊富なピザの種類に皆驚いてましたね。僕も全部はいまだに制覇してません。

 

何故ならオリジナルピザがあるから。

 

とりあえずピザを食べる前にアラカルトを数種類チョイス。

 

 プロシュート

f:id:AkashADaisuke:20191201214000j:plain

原木から削って提供してくれるプロシュートは、行くと必ずオーダーします。

 

肉丸さんとお酒が呑めるって事で嬉しすぎて僕もテンション上がってしまいました。

f:id:AkashADaisuke:20191201214005j:plain

肉丸さんにプロシュートを食べさせようとして食べさせない僕。爆

 

 モッツァレラチーズの包み揚げ

f:id:AkashADaisuke:20191201214010j:plain

これも必ずオーダーする1品ですね。オリジナルのケチャップが旨いです。

 

写真はないけども、チーズの盛り合わせも肉丸さんチョイスで。いやービールが進みます。

f:id:AkashADaisuke:20191201214015j:plain

この並びの画像も結構レアだと思います。

 

普段ライブハウスでしか会う事がほとんどないから、トークにも花が咲きます。

懐かしい話とか含めて、色んな事。諒ちゃんの専門時代の話とかも聞けて皆驚いてたっけ。トークに盛り上がっている最中でしたが、この日の為に自慢☆毛メンバーはピザ禁していたらしく(笑)もうピザが待ちきれないご様子。禁断症状出まくってました。爆

 

という事で、大体一番最初に頼むオリジナルピザを早速オーダー。

 

ダイスケさんオリジナルピザその1

f:id:AkashADaisuke:20191201214021j:plain

名前はあえて伏せます。お店に迷惑かかっちゃうからね!

 

もうね、優勝です優勝。見て、肉丸さんのこの笑顔。

 

f:id:AkashADaisuke:20191201214026j:plain

 

ただし、自慢☆毛さん達皆超がつくほどの猫舌。爆

 

焼き立て出来立てのピザの熱さは尋常じゃないんですけども、、皆美味しいって食べてました。やっぱり出来立ては格別だよね。本当に美味しいんだから。

 

続いてはオーダーしたのは、スミコさんがトマトソースベースのピザが食べたいということで、せっかくならメニューにないピザを頼んでみましょうか!と僕が勝手に決めまして、、(笑)お店のオーナーにこーゆうピザが食べたい!リクエスト。

オリジナルピザを作ってもらいました。

 

トメイトゥトメイトゥ(トマトトマト)ベーコンガーリックピザ 

f:id:AkashADaisuke:20191201214030j:plain

スミコさんオリジナルピザの誕生です。(笑)

 

めちゃくちゃ美味いピザがやってきた!トッピングで乗っているフレッシュトマトもむちゃくちゃ熱くなってまして、皆おそらく上顎を火傷したはず。爆

 

いやーしかし、これ美味しかったなー。ちょっとスミコさんのオリジナルピザですけども、次行ったら勝手に頼んじゃおうと思います。

 

お次に頼んだのはこれまた僕のオリジナルピザでありまして、

自慢☆毛のVo.さちんお姉ちゃんの地元、茨城が誇る納豆を使ったピザ

 

ダイスケさんオリジナルピザその2 

f:id:AkashADaisuke:20191201214035j:plain

本来だとマッシュルームがトッピングされているのですが、今回はマッシュルームの在庫が切れてしまった為、完全体ではありませんでしたが、

 

これもオススメ。

 

ピザに納豆!?って必ずこれを頼むと言われるんですけども、

例に倣って今回も皆同じリアクションでした。(笑)納豆を窯で焼いているから匂いはすごいんですよ。ただね、一度口にすると不思議なもんで

 

どハマりします。魔性のピザです。

 

そんな魔性のピザを頬張った時のさちんお姉ちゃんがこちら。

f:id:AkashADaisuke:20191201214041j:plain

一部のサチコマニアの皆さん、お待たせしました。(笑)

 

 

見て、この恍惚の表情!もう艶やかさしかありませんっ。

 

肉丸さんもどハマり。ヨシさんもどハマり。スミコさんは・・・わかりません。爆

諒ちゃんもどハマり。本当に魔性のピザです。ギルティーなピザです。

 

最後にオーダーしたのはこちら。

 

キムチとガーリックのピザ

f:id:AkashADaisuke:20191201214045j:plain

これもこの日特別に作っていただいたピザ。

チーズタッカルビが去年流行ったと思うけど、チーズとキムチの相性って抜群なんですよ。前にお邪魔した時、「ちょっとパンチのあるピザが食べたいんだけど」とリクエストしたら出てきたピザ。ガーリックの風味も相まってかなりパンチのあるピザです。ビール好きにはたまらない。気づいたら僕も肉丸さんも諒ちゃんもビールおかわりしすぎ(笑)

 

そんなこんなでワイワイやっていたらあっという間に帰宅しなければならない時間に。

 

正味3時間半でしたが、もう体感的に1時間くらいでした。毎回思うけど、楽しい時間って過ぎていくのがあっという間だよね。まだまだ話し足りないこともあるし、まだまだ笑い足りなかったけど、それはまた次の機会に。

 

しかしながら、ここ最近音楽を通じて知り合った大好きな人達と過ごす時間が増えて幸せです。中々時間をとる事が難しいから、こういうタイミングってそれこそ本当に「縁」なんだと思う。

 

こうして紡がれた縁はこれからも大事にしていきたいし、していかなければいけないと思ってる。人に恵まれてることに感謝ですね。ありがとう!

 

しばらくライブ活動がない分、こうした時間をちょっとずつだけど作っていきたいな。

 

ただ、誰彼構わずプライベートで会うのは嫌だってこと。(笑)大好きな人達だからこそ、限られた時間の中で有意義に過ごせるってもんだよね。

 

 昨日は皆からたくさんのプラスパワーをもらえた1日でした。

自慢☆毛ご一行、諒ちゃんありがとう!

 

 

ところで、次のピザ会いつにします?(笑)